助手の活動|木村助手が「たおやかなまなざし 第6回八色の森の美術展」に参加
2022年9月1日

本学科の木村桃子助教が展覧会に参加します。

たおやかなまなざし 第6回八色の森の美術展

期間:2022年9月3日(土)〜10月23日(日)
休館日:毎週水曜日
開館時間:9:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで。最終日は15:00まで
観覧料: 観覧料:一般500円(高校生以下無料)
    ※500円ですべての展覧会がご覧になれます
場所:南魚沼市池田記念美術館
   新潟県南魚沼市浦佐5493-3
主催:公益財団法人池田記念スポーツ文化財団・八色の森の美術展実行委員会
後援:南魚沼市教育委員会・新潟日報社・雪国新聞・小千谷新聞社・越南タイムズ・FMゆきぐに76.2

関連イベント

9月3日(土)10:00–12:00
作品解説会(解説:出品作家)

9月3日(土)14:00–16:00
基調講演「透明幻想」
講師:谷川 渥(美学者・美術評論家)
司会:大橋紀生(「美術手帖」元編集長)

9月4日(日)13:00–1500
ワークショップ「墨あそび」
(参加費無料、参加希望の方は美術館までご連絡ください。電話025-780-4080)
講師:下向惠子(作家)
[内容]手で破いた画仙紙に、墨で点・線・面・にじみ・ぼかし・かすれなど、自由に表現し、大沢和紙の台紙に貼って完成! 書道道具、篆刻(印)をお持ちの方はご持参ください。筆・墨は美術館でも用意します。

10月23日(日)11:00–12:30
文化講座「日本画と日本建築の時空」
講師:山﨑 宏(美術家・美術評論家)

10月23日(日)13:30–15:00
車座シンポジウム「今、語る。芸術の社会性」
参加者:出品作家
司 会:小林良一(出品作家)

そのほか、10月16日〜17日に、地域の園児、高校生、教職員を対象に「哲学対話教室」「シンポジウム」「ワークショップ」を開催します。

池田記念美術館webサイト
木村桃子Webサイト

武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー