杉浦幸子

杉浦幸子

教授 | SUGIURA Sachiko

s_sugiura@musabi.ac.jp

/

専門分野

ミュゼオロジー(博物館学)、美術館教育学、鑑賞教育学、ソーシャル・デザイン、アートプロデュース・マネジメント、プロジェクトデザイン・マネジメント、リレーションデザイン

教員プロフィール
杉浦幸子

略歴

1966年東京都生まれ
お茶の水女子大学文教育学部哲学科美学美術史専攻卒業、ウェールズ大学大学院カーディフ校教育学部美術館教育専攻修了
1990年JRA日本中央競馬会入会、1996年ART&CHILD設立、2001年横浜トリエンナーレ2001教育プログラム担当、2002-04年森美術館パブリックプログラムキュレーター、2005-11年京都造形芸術大学プログラムコーディネーター、国際交流グループヘッドを経て、2012年武蔵野美術大学芸術文化学科准教授。2015年同学科教授就任。
国際博物館会議(ICOM)会員、川崎市岡本太郎美術館施設部会委員、多摩六都科学館組合事業 評価委員会委員、小山市立車屋美術館 運営委員会委員、太田市美術館・図書館 運営委員会委員、NPO芸術資源開発機構理事。

アートを活用し、人が学び、生きる現場をデザインする

私は、「芸術文化」に関わるさまざまなモノ、人、場を活用し、多様な人々が、豊かに学び、生きる「仕組み」や「こと」を「デザイン」しています。
芸術文化学科では、学芸員資格取得に関わる「博物館学(ミュゼオロジー)」、また、ミュージアムと人と社会をつなぐ「教育普及(エデュケイション)」「鑑賞プログラム」「アートプロジェクト」のデザインと実践、その基盤となる「アートマネジメント」を中心に、座学と演習を取り混ぜた授業を行なっています。また、プロジェクト型授業(PBL)として、工芸工業デザイン学科ガラスコースと連携した展覧会プロデュースプロジェクト「Glass and Geibun Project」や、馬と馬文化の魅力を展覧会とワークショップで伝える「UMARTsプロジェクト」などを行っています。
また、学外のミュージアムや教育機関、アーティストとも、分野を横断した学際的なプロジェクトを行っています。中学生とアート・デザインをつなぐ「みらいのたいよう計画シリーズ」(小平市立第一中学校、第六中学校、上水中学校、東大和市立第五中学校、所沢市立三ヶ島中学校など)。中学生と展覧会をプロデュースする「富士見丘中学校展覧会プロジェクト」。高校国語(古文)の連携授業「現代日本画から短歌を生み出す」(都立広尾高等学校)など。
生涯学習の観点から、0歳(3〜12カ月)の赤ちゃんと美術館をつなぐリサーチプロジェクト「赤ちゃんとびじゅつかん」(2014年度科学研究費採択。国立国際美術館、東京都現代美術館、東京都庭園美術館、、大分県立美術館、川崎市岡本太郎美術館、川越市立美術館、武蔵野市立吉祥寺美術館、パナソニック汐留ミュージアム、スパイラルなど)。0-6歳の子どもたちが生活する保育園を美術館とするプロジェクト「保育園美術館プロジェクト」(あおぞら保育園・羽村市)など。

「赤ちゃんとびじゅつかん」プロジェクト(2014年度科学研究費採択)
「保育園美術館」プロジェクト
アーツプロジェクト UMARTs2018
アーツプロジェクト UMARTs2017
アーツプロジェクト UMARTs2015-2016
アーツプロジェクト UMARTs2013-2014
アーツプロジェクト アートサイト岩室温泉2015
プレゼミプロジェクト2018 Glass and Geibun Project 2018
プレゼミプロジェクト2013-2017 Glass and Geibun Project
3年ゼミ2018 富士見丘中学校×武蔵野美術大学コラボ「フィーリング展」
3年ゼミ2017 富士見丘中学校×武蔵野美術大学コラボ「コネクト展」
3年ゼミ2016 富士見丘中学校×武蔵野美術大学コラボ「アイ展」
3年ゼミ2016 学内展+プレゼンテーション「シナプス」
地域連携プロジェクト みらいのたいよう計画2 小平六中看板プロジェクト
美術館・地域連携プロジェクト みらいのたいよう計画

担当授業

OPEN CAMPUS 2018武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー