充実した基礎教育

芸術文化学科では、1、2年次を、芸文の学びの基礎となる力を付ける期間とし、ユニークな基礎教育カリキュラムを組んでいます。「ミュゼオロジー」「マネジメント」「プランニング」を重要な3つの領域として、全ての学びの基礎となる「見る」「聞く」「読む」「話す」「書く」「作る」という4つの力や、美術史の知識を身につけるとともに、メディア表現のための基本的なスキルを身につけていきます。

1年次

芸術文化学入門
担当教員:専任教員全員三代純平

1年次の必修授業として位置づけられる「芸術文化学入門」は、芸術文化学科における4年間の学びにおいて最も重要なリソースとなる専任教員の専門分野について、さらに大学での学びや研究の重要な方法・態度であるアカデミック・ライティング(レポートや論文の作成の仕方)について、日本語教育を専門とする教員から、講義・演習を通して、学びます。

geibun_nyumon

プランニング入門・実践
担当教員:塚本文雄

社会においてあらゆる場面で企画力、企画推進力が重要となっており、これらの能力がある人材が求められています。
この授業では、企画力を身につけるための入門編として、企画構想のために必要な発想法、マーケティング、ロジカルシンキングなど基礎的知識の獲得と授業中の演習を通して企画書作りの基礎を学びます。課題として実践的テーマをもとに企画書を作成し、プレゼンテーションを行うことで、相手を納得させる良い企画、良い企画書とはどんなものかを学びます。後期は実践編として、調査分析、広報、広告宣伝、WEBコミュニケーション、ブランディングなど、イベントや大規模施設企画を行うために必要な基礎知識を獲得し、前期より規模の大きなテーマの企画書を作成します。

ミュゼオロジー入門
担当教員:春原史寛

ミュージアム(博物館)は、人類の歴史が生み出した、芸術、歴史、民俗、産業、自然科学などに関する資料を、収集し、保存し、研究し、調査し、それらを一般に展示公開し、一般市民の学びを促進し、教養や娯楽に供する、希有な文化装置です。
この授業は、博物館についての学問である「博物館学」の基礎編として、より専門的な博物館学の学びのための基礎知識を提供し、ミュージアムの定義や歴史、その目的と機能・役割、現状を学びます。
時代の変化を受けてミュージアムにもデジタル化の動きが急速に進んでいます。「モノ」から学ぶ学問としてのミュゼオロジーの基礎を意識的に学び取り、芸術文化をミュージアムという広がりのなかで、どう問い直していくかを考えます。

芸術文化特論I
担当教員:河原啓子

1年生の必修科目「芸術文化特論Ⅰ」では、大学における学びの基本となる、言葉によるコミュニケーションを学び、社会人になっても役立つスキルを実習します。授業では、インタビューや取材をして文章を作成。伝えたい情報の的確な表現法や人から話を聞く聴き取り方法について、ジャーナリスト経験のある教員が、わかりやすく指導します。プレゼンテーションにも取り組み、効果的に語る方法論を解説します。さらに、写真などのヴィジュアル・コミュニケーション、アイデア出しに有効な思考術、専門的な学術論文の執筆法も学習し、実践力を養います。

_MG_0013

造形総合・絵画I /彫刻I
共通絵画研究室:大浦一志原一史山本靖久
彫刻学科研究室:伊藤誠冨井大裕、大野綾子、杉浦 藍、八木 貴史、吉雄介

絵画や彫刻の実技を基本から学ぶことができるカリキュラムが1年次に受講する「造形総合」です。これらは学内の「共通絵画」「彫刻学科」というそれぞれ独立した教育組織によって授業が行われています。「絵画I」では、デッサン経験者と経験の少ない学生を分け、後者には、石膏の幾何形体や、リンゴなど身近なモチーフをデッサンする方法を丁寧に教えます。デッサン経験者は、複雑な表情を見せる巨大な石や、樹根などをモチーフにして、平面作品や立体作品を自由に制作します。また、「彫刻I」では、副題を「みることとつくること」として、〈1.身の回りのものごとをモチーフとしたドローイング制作→2.ドローイング制作を通じてみつけたテーマをもとに自分の頭部を観察して立体作品を制作〉の二つの連動した課題を行います。課題の中で各自が発見したことを具体的な形にしていく方法とそれに必要なプロセスは、それぞれが自由に素材を選択し、触れていくなかで見つけ出していきます。彫刻における定番の素材、技法に拘らず、彫刻の歴史が培ってきた多様な考え方=〈「みること」と「つくること」の関係〉を体験します。

_MG_0364_MG_0367

西洋美術史概論
担当教員:宮崎匠

歴史のなかで或る特定の作品が「なぜ(理由)」、「何のために(目的・役割)」そして「どのように(技法・素材・表現様式)」つくられてきたか、さらに「どのような点が歴史的に評価されてきたか」を知ること、つまり美術史を学ぶことは、造形作品に関する理解を深めるために必要不可欠なことであるといえます。
 その美術史について、この授業では特にヨーロッパの美術の歴史に焦点を当て、古代・中世そしてルネサンス以降の近世を前期に扱い、新古典主義から現代へとつながるアヴァンギャルドの潮流を後期で学びます。それにより作品が誕生した社会的・文化的背景の分析を通して、人間の創造の歴史とその意味、さらに多様な表現の意義を理解することを目指します。

books

デジタルデザイン基礎I
担当教員:長内研二熊谷篤史米徳信一

「デジタルデザイン基礎I」では、目まぐるしく進化するデジタル環境の基礎を理解し、今後の表現活動に必要となるスキルを身につけることを目標として、レクチャーとコンピュータの演習を並行して行います。レクチャーでは、コンピュータの誕生から現在のネットワーク環境までを俯瞰し、メディア表現の変化を伝えます。演習では学科専用のスタジオで写真撮影の実習を行い、光で物を写し取る「photograph」を実感します。また、課題テーマに沿って各自がテキストを執筆し、自らが制作した写真とテキストの一次情報をDTP( Desk Top Publishing )によって紙媒体に統合し表現することで、パソコンおよびアプリケーションのオペレーション能力と、特にグラフィックデザインの基礎を体得します。
photo_studio

映像デザインI
担当教員:米徳信一

この授業では、映像メディアが生まれてからこれまで、どのように人々に受容されてきたかを考え、メディアとしての特性を理解することを目的とします。そのため、本学の図書館が所蔵するさまざまな視覚装置資料の見学を行い、映画以前と以後のメディアに触れます。また実習においては、「クリエーター」をキーワードとして、グループごとにテーマに基づいた企画立案を行い、デジタル映像機器を使ってインタビュー動画の制作を行います。映像の魅力を実感し、分析力を身につけることで、映像を「表現の道具」として活用する能力を身につけます。

作品アーカイヴへ

_MG_0012

デザイン基礎
担当教員:楫義明佐々木一晋杉浦幸子

私たちの社会において、生活、仕事、遊びなど全ての「もの」や「こと」はデザイン(計画)されています。デザインは、人々がより豊かに生活していくための提案としての役割を持っています。それは人類の歴史を俯瞰すれば明らかであり、現在の生活や社会システムをより良いものにしようとする人間の創造が、原動力になっています。
そうした、新たな物事を人々に提案するために必要となる思考方法とスキルを身につけることが、この授業の目的です。
近年、「もののデザイン」「ことのデザイン」という分け方がありますが、本来これは一体のものです。例えば、プロダクト製品のような「もの」をデザインするのであれば、まず、それを使う人の予想される行為をイメージする必要があります。つまり、「こと」を「もの」によってどうデザインするかを考えるのです。

太田茉里

2年次

マネジメント入門・実践
担当教員:杉浦幸子村井良子

前期は入門編として、マネジメント=経営の基本を学修します。
芸術文化と社会のつなぎ手として、常に変化する環境の中で、文化施設や芸術文化事業、アーツプロジェクト等をどうすれば効率的かつ有効にマネジメントできるか、さらに事業目標を達成させ、社会に貢献させることができるかを学びます。今後、芸術文化やアート領域でも不可欠となる「経営論的手法(評価を組み込んだ戦略的マネジメント体系)」の基礎を学び、具体的なノウハウを修得します。
また、後期は実践編として、プロジェクト・マネジメントに関する基礎知識とノウハウの学修をめざします。

デジタルデザイン基礎II
担当教員:長内研二熊谷篤史米徳信一

この授業では、1年次「デジタルデザイン基礎I」の課題内容とDTPのスキルをさらに深化させ、ウェブページと小冊子を制作します。テーマは「ある日」とし、1日の出来事を、テキスト、イラストレーション、写真などを使って記録・記述します。前半のウェブ制作においては、記録・記述した素材をHTML(Hyper Text Markup Language)によって情報構成する基礎を学び、ウェブの表現特性を考えた情報の編集を行います。また後半の小冊子制作では、「ある日」の内容をDTP(InDesignを使用)によって紙媒体に表現する際の、編集概念とスキルを学びます。同様のテーマを異なるメディアで表現し、その差異を意識化することで編集における思考の幅を広げます。

DD2_冊子

展示基礎
担当教員:楫義明佐々木一晋杉浦幸子春原史寛

「展示」の目的や意義、歴史的変遷、さまざまな「展示」のタイプ、「展示」の方法論や技術的側面、「展示」と人をつなぐ教育や広報、「展示」の評価について講義を通して学ぶとともに、展覧会を企画し、提出された展示プランから選抜されたプランのプレゼンテーションを行います。展覧会のコンセプト・テーマの設定、章立て、作品リストや図面の作成といった、展示のプランニングについて、リサーチ、ディスカッション、チュートリアルなどを通して学びます。
基本的な壁面展示および照明の実習を行い、アーティストの吉雄介氏を特別講師に迎え、アーティストの作品展示を実践的に学びます。

tenjikiso

造形基礎
担当教員:是枝開髙島直之、結城康太朗

造形表現の基礎を理解する観点から、多様な造形表現に共通する基本的な要素を、分析しながら体感し実感する、芸文独自の造形基礎演習です。絵画、彫刻、デザイン、映像、建築、工芸、あるいはメディア・アートなど、幅広くさまざまな表現へとつながる原初的な造形のエッセンスを、演習を通して体験します。色彩演習、模写演習、立体演習、リズムや調子の演習などの実技とともに、造形の分析方法の基本的な考え方を学びます。

_MG_0016

芸術文化学概説
担当教員:髙島直之

江戸時代の18世紀後半から1868年の「明治維新」を経た19世紀後半、そして20世紀初頭の1910年代までの「日本美術の近代」を論じる、2年生必修の講義科目。共通科目にある「日本美術史」と重なるところはもちろんありますが、この科目はより広く文化社会学的な見地から、社会制度や生活習慣をふまえ、その時代の「視覚」のあり方を社会史全般と照らし合わせます。いわば「美的感情の近代史」としてとらえる視点を提示・解説する授業です。

芸術文化論Ⅰ
担当教員:林家たい平

武蔵野美術大学を卒業し、落語家として活躍する林家たい平先生が担当するこの授業では、芸術文化学科の学生が身に付けたい「コミュニケーション力」を学びます。たい平先生は、「コミュニケーション力」を養うのに一番重要なのが「自分と向き合うこと」だと語ります。自分と向き合うことで自分を知り、自分を応援できるようになる。それが、他者とのコミュニケーションを可能にすると考えているのです。この授業には、芝生に座って俳句を詠み、お互いの句から相手の視点を感じ取ったり、自分自身の嫌いな部分を取り出してオリジナル妖怪を作り、それらを集めた芸文妖怪図鑑を作る、といった、日々のことに目を向けたり、自分を見直すきっかけになる、さまざまな仕掛けが取り入れられています。忙しい大学時代にこそ、ちょっと歩みを止めて、自分と向き合う時間を持ってみよう。たい平先生は、この授業を通して、学生たちにそう語りかけます。

_MG_0071_MG_0079

武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー