芸文のカリキュラム(授業の構成)

芸文の学びの特色
4年間の学びの流れ=カリキュラム

芸術文化学を実践し、「芸術文化と社会をつなぐことにより、社会を活性化する」ミッションを果すために、本学科では、アートとデザインを基礎的な領域として、ミュゼオロジー、マネジメント、プランニングの3領域を中心に位置づけ、多様な授業において、それらの要素を理論と実技の両面から学べるようカリキュラムが設計されています。
そこでは「見る」「聞く」「読む」「話す」「書く」「つくる」という創造行為の基本的な要素と本質を学び、芸術文化を専門的な観点から読み解き、社会に発信・活用する能力(リテラシー)を育みます。
1・2年次は芸文の学びの基礎となる力を付ける期間で、3年次は1・2年次の学びをベースにして授業を選び自分自身の学びをデザインします。3年次の後期から6人の専任教員のゼミに分かれて所属し、芸術文化についての専門性を深め、4年次の卒業研究・制作につなげます。各学年の詳しい授業の紹介は、1・2年次の授業3・4年次の授業ゼミ をご覧ください。

社会につながる芸文の学びの構造

1年次
芸術文化とコミュニケーションの基礎を育む

必修科目  選択科目 ※ 学芸員課程指定科目

2年次

専門性の獲得に向けた具体的研究と実践を行う

前期

4月 8月
マネジメント入門
デジタルデザイン基礎II
造形基礎
展示基礎
ミュゼオロジーと教育
日本美術史概論

後期

9月 12月
マネジメント実践
芸術文化学概説
ミュゼオロジーと保存
日本美術史概論
ヴィジュアルコミュニケーションデザインA ヴィジュアルコミュニケーションデザインC
ヴィジュアルコミュニケーションデザインB 絵画II
デジタルアーカイヴス 映像デザインII
工芸制作I(教職必修)

必修科目  選択必修  選択科目 ※ 学芸員課程指定科目

3年次

自らの学びを選択し、専門性を追求する

前期

4月 8月
芸術文化研究
A:空間とメディア
B:クロスメディア
C:展覧会&ワークショッププロデュース
D:世界デザイン文化研究
E:現代メディア文化論
F:映像文化研究
ミュゼオロジーと運営

後期

9月 12月
芸術文化研究
G:都市と書物
H:現代芸術論
I:イメージ人類学
J:マーケティング
K:ブランディング
芸術文化演習I (専任教員ゼミ)
芸術文化特論II
ミュゼオロジーと資料

必修科目  選択必修  選択科目 ※ 学芸員課程指定科目

4年次

専門的な研究・実践を社会につなぎ発信する

前期

4月 8月
芸術文化演習II(専任教員ゼミ)
ミュゼオロジー実習 (夏期休暇集中)

後期

9月 12月
卒業研究 卒業制作

必修科目  選択科目 ※ 学芸員課程指定科目

1-3年次 共通科目

前期

4月 8月
アーツプロジェクトI~VI

後期

9月 12月
アーツプロジェクトI~VI

3、4年次:共通科目(実技)

前期

4月 8月
編集計画
ウェブデザイン イベント計画 絵画III

1-4年次 共通科目(講義)

前期

4月 8月
表象文化論I(絵本)
表象文化論III(マンガ)
広報論
原書講読
写真論I
文化社会論I
造形民俗学I
芸術文化論I
メディアと情報I
Museum Study & English Communication (3~4年次)

後期

9月 12月
表象文化論IV(アートフェスティバル研究)
表象文化論V(イメージとジェンダー)
アートセラピー
美術と教育
写真論II
文化社会論II
造形民俗学II*
メディアと情報II

「芸術文化学」の学びの3つの柱

プランニング(企画・立案) 
芸術文化学の視点から、社会的な課題解決に向けた、アート・デザインを活用した企画・計画の立案と、計画を実施する方法を学ぶ
マネジメント(運営・経営) 
社会において芸術文化の知を活かし、普及・持続させるために必要な人や場所、情報、時間、費用などを管理し評価する方法を学ぶ
ミュゼオロジー(博物館学) 
世界の縮図であり、芸術文化学を実践している場としてのミュージアムの活動(収集、保存・修復、調査・研究・教育、展示)を学ぶ

動画「20分でわかる芸文『ミュゼオロジー』」

動画「20分でわかる芸文『プランニング』」

動画「20分でわかる芸文『マネジメント』」

武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー