卒業研究・制作

卒業研究・制作の概要
卒業研究・制作では、4年間の学びの総決算として、個々の研究テーマを掘り下げ、社会に対するアプローチを試みます。発表の形態は、論文、作品表現、プランニングの3つのカテゴリーがあります。

【論文】
既存の論考の整理ではなく、テーマの客観的分析と批評的研究を行い、独自の展望と具体的な解決策を提案することが求められます。30,000 – 40,000字。
【作品表現】
現代のアート、デザインと文化の状況の考察を踏まえたテーマを設定し、適切な表現方法を選択し、作品として仕上げることが求められます。8,000字の研究レポートも必要です。
【プランニング】
現代社会におけるさまざまな問題に対し、具体的な解決策を示すためのプラン(計画)を、適切なメディアを使用することによって提示することが求められます。12,000字の研究レポートも必要です。

2021年度 卒業研究・制作|優秀賞インタビュー

2021年度 卒業研究・制作および修了研究において優秀賞を受賞した作品を紹介します。 大学院 ...

卒業研究・制作展2021

2021年度 芸術文化学科 卒業研究・制作展 大学院芸術文化政策コース修了展   芸術文化学...

2020年度 卒業研究・制作 | 優秀賞インタビュー

2020年度 卒業研究・制作において優秀賞を受賞した作品を紹介します。 論文 日本美術史におけ...

2019年度 卒業研究・制作

2019年度 卒業研究・制作の中から、論文2作品、作品表現1作品、プランニング1作品を紹介しま...

2018年度 卒業研究・制作

2018年度 卒業研究・制作の中から、論文3作品、作品表現1作品、プランニング2作品を紹介しま...

2017年度 卒業研究・制作

2017年度 卒業研究・制作の中から、論文3作品、作品表現3作品、プランニング1作品を紹介しま...

2016年度 卒業研究・制作

2016年度 卒業研究・制作の中から、論文2作品、作品表現2作品を紹介します。 論文 対話を求め...

2015年度 卒業研究・制作

2015年度 卒業研究・制作の中から、作品表現1作品を紹介します。 作品表現 アートとしてのネ...

2014年度 卒業研究・制作

2014年度 卒業研究・制作の中から、論文1作品、作品表現1作品、プランニング1作品を紹介しま...

2014年度 卒業研究・制作 インタビュー

2014年度 卒業研究・制作の研究内容について4名の学生にインタビューしました。   論文「ラ...

武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー