OPEN CAMPUS 2016武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー

非常勤講師

安斎聡子 ANZAI Akiko
担当授業:ミュゼオロジー実習

1967年生まれ。
博物館を中心とした文化施設や、展示の計画・設計に携わるほか、博物館ボランティアのコミュニティにおける学習や想起に関する研究を行う。ミュージアムプランナー、聖学院大学非常勤講師、白百合女子大学非常勤講師。
「施設・設備2 複合的なメディア空間が提供するもの」『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』(武蔵野美術大学出版局、2016年)、「学習支援技法の現代的展開」『社会教育の教育論—社会教育がめざす人間像を考える』(学文社、2016年)、「ボランティア活動と生涯学習」『教育ボランティア活動入門−こどもの活動支援のために』(学文社、2016年)ほか。

石黒敦彦 ISHIGURO Atsuhiko
担当授業:表象文化論V_福祉とアートマネジメント

1952年東京生まれ
明治学院大学文学部卒。
専門分野・現職/“来るべき芸術”のためのワークショップ・代表、メビウスの卵展実行委員会・代表、多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース非常勤講師。
業績・著作/ミュージアム・展覧会企画多数。著書『体験型おもしろミュージアム』(フレーベル館)、『ジオメトリック・アート』(共著:神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ・工作舎)、「ガジェットBOOX『メビウスの卵』シリーズ 1~3」(監修・著、エクスプランテ)ほか。

磯達雄 ISO Tatsuo
担当授業:メディア研究IIC

1963年埼玉県生まれ
専門分野・現職/建築評論、編集事務所フリックスタジオ共同主宰 業績・著作/『昭和モダン建築巡礼 西日本編

伊藤 剛 ITO Go
担当授業:表象文化論III_マンガ

業績・著作/『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』(2005年、NTT出版)、「マンガは変わる」(2007年、青土社)、「マンガを読む(2008年、青土社)」マンガ評論家、日本マンガ学会会員、浦沢直樹のアシスタントを経て、マンガ家として活動の後、マンガ評論・研究に携わる。

伊藤里麻子 ITO Rimako
担当授業:西洋美術史概論 / 表象文化論Ⅱ_越境する美術—音楽と舞台芸術へ—

今井良朗 IMAI Yoshirou
担当授業:メディア演習II

1946年大阪府生まれ
武蔵野美術大学造形学部産業デザイン学科卒業
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授を経て、1999年芸術文化学科教授に着任。2016年3月退職。1976年から武蔵野美術大学美術資料図書館のポスターコレクション、絵本コレクションの体系化に従事、1994年同美術資料図書館副館長(~2000)。1997年~絵本学会理事、2003-05年同学会会長。

梅田亜由美 UMEDA Ayumi
担当授業:ミュゼオロジーと教育

小川 希 OGAWA Nozomu
担当授業:文化社会論I

長内研二 OSANAI Kenji
担当授業:DTP デザインI A / I B / DTP デザインIII / ヴィジュアル・コミュニケーションデザインII C

1968年青森県生まれ
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業
専門分野・現職/グラフィックデザイン、タイポグラフィ、コンピュータ
業績・著作/JAGDA(日本グラフィックデザイナーズ協会)会員、長内デザイン室主宰

小田嶋孝司 ODAJIMA Takashi
担当授業:デザイン政策論

1947年北海道生まれ
北海道大学獣医学部中退/パリ大学ソルボンヌ・ヌーベル仏語修了
専門分野・現職/アイデンティティ戦略コンサルタント、株式会社SHIFT代表取締役、電電公社民営化CI(NTT)、移動通信事業分社化CI(NTTDoCoMo)、松屋銀座、INAX、リクルートインターネットサイト(ISIZE)、一橋大学イノベーション研究センター(IIR)、野村総合研究所、他多数
業績・著作/「シンボリックアウトプット」プレジデント社刊、「健識経営革命」プレジデント社刊、「『日の丸』『君が代』ってなに?—日本のシンボルを考える—」毎日新聞社刊、他

垣内恵美子 KAKIUCHI Emiko
担当授業:芸術文化政策特論I * 大学院

嘉藤笑子 KATO Emiko
担当授業:アート・マネージメントI / 表象文化論VI_パブリックコンサーン:文化芸術と社会

1958年東京都生まれ
City University, Arts policy & Management Department 美術館・博物館運営学修士取得
専門分野/アート・マネージメント、ミュゼオロジー、コンテンポラリーアート
現職/AANディレクター http: / / www.a-a-n.org
業績・著作/スコットランド公立美術館フルーツマーケットギャラリー勤務などを経て帰国。美術ジャーナリスト及びインディペンデント・キュレイターとして活動中 共著『最新東京アートガイド』『20世紀の美術と思想』(共に美術出版社)、『ミュゼオロジー実践篇—ミュージアムの世界へ』(岡部あおみ監修、武蔵野美術大学出版局)

加藤庸子 KATO Yoko
担当授業:アートセラピー

加島 卓 KASHIMA Takashi
担当授業:メディアと情報II B

1975年 東京都生まれ 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。東京大学大学院情報学環助教を経て、東海大学文学部広報メディア学科専任講師。博士(学際情報学、東京大学)
専門分野/メディア論、社会学、広告史・デザイン史 業績・著作/「デザインを語ることは不可能なのか」『文字のデザイン・書体のフシギ』(左右社、2008年、第7回竹尾賞受賞)、「若者にとって〈感覚〉とは何か」『年報社会学論集』(第22号、関東社会学会、2009年)、「美大論」+「ユーザーフレンドリーな情報デザイン」(遠藤知巳(編)『フラットカルチャー:現代日本の社会学』せりか書房、2010年)ほか。編著本に、南後由和+加島卓(編)『文化人とは何か?』(東京書籍、2010年)

金子隆一 KANEKO Ryuichi
担当授業:写真論I / II

1948年東京都生まれ
立正大学文学部卒業
専門分野・現職/東京都写真美術館専門調査員
業績・著作/『植田正治・写真の作法』光琳社(編著)、『手彩色写真の歴史』色彩から歴史を読む(共著)

河原啓子 KAWAHARA Keiko
担当授業:芸術文化特論I / ミュゼオロジーと運営

専門分野/芸術社会学、アートマネジメント、ミュゼオロジー
現職/日本大学・立教大学・青山学院大学・国立音楽大学・東京経済大学非常勤講師、日本アートマネジメント学会、文化経済学会会員
業績・著作/『芸術受容の近代的パラダイム 日本における見る欲望と価値観の形成』(単著)美術年鑑社、2001年、『コミュニケーション学入門』(共著)NTT出版、 2003年、『「空想美術館」を越えて』(単著)美術年鑑社、2011年、『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを超えた「先」』(共著)フィルムアート社、2013年、「複製技術時代のアートマネジメント」『アートマネジメント研究 第3号』美術出版社、2002年、「医療施設内のアートマネジメント」『アートマネジメント研究 第4号』美術出版社、2003年、「美術作品の提示と受容に関するー考察ーミュージアム・グッズをめぐって」『武蔵野美術大学研究紀要第36号』2005年、「なぜ、マス・メディアは展覧会を開催したのか」『同40号』2009年、「コンピュータ・ネットワーク時代の美術作品」『同41号』2010年、「NHKアーカイブスの美術番組の系譜をめぐる研究」『同44号』2013年、ほか。日本の新聞社、テレビ局などのマス・メディアと展覧会について、取材、調査、分析をしながら研究活動。第三期東京都生涯学習審議会委員、練馬区行政評価委員、練馬区文化芸術の振興に関する懇談会委員を歴任。第二期NHKアーカイブス・トライアル研究員。

官浪辰夫 KANNAMI Tatsuo
担当授業:メディアプランニングD

1952年 大阪府生まれ
武蔵野美術大学造形学部産業デザイン学科卒業
専門分野・現職/ブランディング、クリエイティブディレクター、官浪商品環境研究所(KDI-INC.)代表取締役 www.kdi-inc.jp 日本空間デザイン協会(DSA)会長 www.dsa.or.jp/member/kojin/list_ka/kannami_1/index.html
業績・著作/スティーブン・ノル(コーセー、SKLLC,NY)、ティアレンス(明治乳業)、AQMW(コーセー)等のブランディング 及びプロダクト、広告、空間デザインのクリエイティブディレクション

菊池宏子 KIKUCHI Hiroko
担当授業:Museum Study & English Communication / 広報論

倉林 靖 KURABAYASHI Yasushi
担当授業:文化社会論II

青山学院大学文学部卒業
専門分野/美術評論
業績・著作/『現代アートを聴く—20世紀音楽と今日の美術』スカイドア、『岡本太郎と横尾忠則—モダンと反モダンの逆接』白水社、現在、『ウェブ スカイドア 現代篇』で毎月一回、現代美術作家を紹介、評論を執筆中(第17回目以降)。また『美術手帖』2008年5月号に「ホルベイン 画家たちの美術史 Vol.63 伊庭靖子」を執筆(以降、隔月でこのコーナーを執筆予定)

沢山 遼 SAWAYAMA Ryo
担当授業:現代芸術論

申 明浩 SHIN Myongho
担当授業:表象文化論I _絵本

1959年大韓民国生まれ
東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論博士課程満期退学
専門分野・現職/表象文化論・絵本論・韓国絵本美術館顧問
業績・著作/『絵本の世界 – 視覚表現の変遷』(1992、啓蒙社)翻訳『コリア驚いた!韓国から見た日本』(2001、朝日出版社)『コミック韓国、コリア驚いた』(2002、朝日出版社)論文「絵本の表象論—MauriceSendakの絵本と子どもについて」(絵本学1、1999、絵本学2、2000)「おとぎ話の現代化とパロディ」(『絵本における言葉とイメージ』、2005、武蔵野美術館美術資料図書館)「韓国絵本に描かれる「トン(糞)」—「トン」の象徴性とエクリチュール—」(2006、大阪国際児童文学館)他多数。その他、絵本展企画や執筆、講演、翻訳。

杉山享司 SUGIYAMA Takashi
担当授業:造形民俗学I / II

鈴木紀慶 SUZUKI Noriyoshi
担当授業:編集計画I / II

鈴木 勝 SUZUKI Masaru
担当授業:ヴィジュアル・コミュニケーションデザインIB

田中七星 TANAKA Nahoshi
担当授業:ヴィジュアル・コミュニケーションデザインIC

田中眞奈子 TANAKA Manako
担当授業:ミュゼオロジーと保存

千葉 慶 CHIBA Kei
担当授業:表象文化論VII_イメージとジェンダー

1976年千葉県生まれ
千葉大学社会文化科学研究科博士課程修了
専門分野/日本近代美術史・イメージ学
現職/千葉大学・明治大学・和光大学非常勤講師、国際日本文化研究センター客員准教授
業績・著作/「近代神武天皇像の形成—明治天皇=神武天皇のシンボリズム」(『近代画説』11号、2002年12月)、「狩野芳崖《悲母観音》を読む」(池田忍編『権力と視覚表象Ⅲ』千葉大学社会文化科学研究科、2003年3月)、「日本美術思想の帝国主義化—1910〜20年代の南画再評価をめぐる一考察」(『美学』213号、2003年6月)、「「大東亜美術」について」(『鹿島美術研究』年報22号別冊、2005年11月)、「戦争と悲母観音」(『イメージ&ジェンダー』6号、2006年3月)、「近代天皇制国家におけるアマテラス—両性具有性のゆくえ—」(『ジェンダー史学』2号、2006年11月)、「「入れ替え不能性」をめぐる思考—宮台真司の「亜細亜主義」を読む」(『和光大学表現学部紀要』第7号、2007年3月)、「不安と幻想—官展における〈満州〉表象の政治的意味—」(池田忍編『表象/帝国/ジェンダー—聖戦から冷戦へ—』千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第175集、2008年3月)など

塚本文雄 TSUKAMOTO Fumio
担当授業:プランニング概論

1960年広島県生まれ
武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン学科卒業
専門分野・現職/リビングデザインセンターOZONE館長
業績・著作/リビングデザインセンターOZONEで開催する暮らしのデザイン、家づくりやインテリアに関連したイベント、セミナーの企画プロデュースおよびデザインディレクション、広告宣伝等を手掛ける。
展覧会・イベント(プロデュース&ディレクション):「シャルロット・ペリアン展」「名作椅子130脚に座る」「We Love Chairs」「DROOG &DUTCH DESIGN展」「HIRAMEKI Design×Finland」など。 

鶴岡明美 TSURUOKA Akemi
担当授業:日本美術史概説IB

専門分野・現職/日本近世絵画史・お茶の水女子大学人間文化研究科研究員
業績・著作/主な論文 「谷文晁筆『公余探勝図』とその周辺」(『古美術』105号、1993年) 「谷文晁『熊野舟行図巻』について—その主題と表現形式に関する諸考察—」 (『お茶の水女子大学人文科学紀要』48号、1995年) 「司馬江漢と十八世紀イギリス風景版画—いわゆる『サーペンタイン河図』『療病院図』の原画発見—」 (『國華』1249号、1999年) 「目賀田守蔭筆「蝦夷歴検真図」について—文晁派実景図の系譜—」 (『人間文化論叢』第7巻、2005年) 「国立公文書館蔵『新編武蔵風土記』挿図についての考察—江戸後期官撰地誌における実景表現の一例—」 (『人間文化論叢』 第8巻、2006年)

中島 智 NAKASHIMA Satoshi
担当授業:メディアプランニングB / メディア研究IIA / ミュゼオロジーと展示B

1963年岡山県生まれ
名古屋芸術大学美術学部洋画学科卒業
専門・現職/美術研究、芸術人類学・慶應義塾大学兼任講師(現代思想論)、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員
業績・著作/『文化のなかの野性 ー芸術人類学講義』現代思潮社(2000)、「アートの極東」・「贈与論」ほか五篇『武蔵野美術大学研究紀要32~36号』(2001~2005)、「レヴィ=ストロースの構造芸術学」『思想』岩波書店(2008)、「人類にとってアートとは何か」『芸術批評誌REAR』リア制作室(2009)、「都市のミーム(フラヌール/ブリコラージュ)プロジェクト」『DEEP IMAGES』フィルムアート社(2009)、「再魔術化するアート」・「亡霊としての芸術」ほか三篇(web complex、2007–2010)、その他『伊勢湾考古』、『美術手帖』など

橋本薫 HASHIMOTO Kaoru
担当授業:デザイン・マネージメントI

1949年東京生まれ
武蔵野美術大学造形学部産業デザイン学科卒業
専門分野・現職/株式会社エムエフディ会長 株式会社クラスAネットワーク会長
業績・著作/海外ブランド(ハーゲンダッツ、サブウェイサンドイッチ)の日本への導入、プロデュース、クリエイティブディレクション。JR東日本ガーラ湯沢、JR西日本大阪駅ショッピングセンター、サントリー、ソニー、虎屋、医療分野などでの企画及びプロデュースを行う。

花光里香 HANAMITSU Rika
担当授業:原書講読 / 異文化コミュニケーション論

専門分野・現職/異文化コミュニケーション論、応用言語学・早稲田大学社会科学部准教授
業績・著作/「言語・非言語コミュニケーション」『ヨーロッパ世界のことばと文化』成文堂 2006年、「アメリカ人と日本人のコミュニケーション」『英語世界のことばと文化』成文堂 2008年 他

林 浩平 HAYASHI Kohei
担当授業:芸術文化政策特論I * 大学院

1954年和歌山県生まれ。
詩人。評論家。文学・ロック・アート・コンテンポラリーダンスを対象に批評活動を行う。
恵泉女学園大学特任教授。
東京大学法学部卒業。NHKディレクターを経て、早稲田大学院で日本文学を学び博士課程単位取得退学。
主な著作に、詩集『心のどこにもうたが消えたときの哀歌』、『光の揺れる庭で』、『天使』、
評論集『折口信夫 霊性の思索者』、『裸形の言ノ葉・吉増剛造を読む』、『テクストの思考・日本近現代文学を読む』、『ブリティッシュ・ロック 思想・魂・哲学』、『ロック天狗連』ほか。

姫井理子 HIMEI Satoko
担当授業:メディア研究IIB

平野覚堂 HIRANO Yoshitaka
担当授業:映像II

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業
専門分野/写真・デザイン

堀越洋一郎 HORIKOSHI Yoichiro
担当授業:資料情報処理

松浦 昇 MATSUURA Noboru
担当授業:メディアと情報IIA

村田良二 MURATA Ryoji
担当授業:メディアと情報IA / IB

1972年生まれ
筑波大学大学院修士課程芸術研究科総合造形専攻修了
専門分野/美術情報
業績・著作/ICOM CIDOCの博物館資料情報標準化のためのConceptual Reference Modelを開発するCRM Special Interest Groupに参加。 アート・ドキュメンテーション研究会会員

森 啓輔 MORI Keisuke
担当授業:メディア研究I / 情報処理I

1978年三重県生まれ
早稲田大学人間科学部人間健康科学科卒業/武蔵野美術大学大学院造形研究科修了
専門分野・現職/日本近現代美術、美術批評。ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員
業績・著作/主な著書に『Jiro Takamatsu Critical Archive』(共著[vol.4]、ユミコチバアソシエイツ、2012年)。主な評論・論文に「高松次郎《THE STORY》─反復および知覚される持続について」(『美術手帖』第14回芸術評論募集入選、2009年)、「切断される再演─「以後」としての1978年の彫刻」(『引込線 2013』図録、引込線実行委員会、2013年)など。主な展覧会に「イケムラ レイコ PIOON」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2014年)、「菅木志雄」(同、2014–2015年)など

結城康太朗 YUKI Kotaro
担当授業:共通絵画I / 絵画II / III / 造形総合・素描と油彩画の表現A

1967年京都府生まれ
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業

若山 滋 WAKAYAMA Shigeru
担当授業:デザインマネージメントII

1947年台湾生まれ
現職/中京大学客員教授・名古屋工業大学名誉教授
業績・著作/『建築へ向かう旅』(冬樹社) 『組み立てる文化の国』(文芸春秋社)『ローマと長安』(講談社現代新書)『文学の中の都市と建築』(丸善ライブラリー)『遊蕩の空間』(INAXアルバム) 家」と「やど」-建築からの文化論(朝日新聞社) 『漱石まちをゆく-建築家になろうとした作家』(彰国社) 『風土から文学への空間』(新建築社)『大野耐一・工人たちの武士道-トヨタ・システムを築いた精神』(日本経済新聞社)
「建築文化」懸賞論文最優秀賞(下出賞)1976年 名古屋青年会議所ターグ賞1987年 科学技術図書文化賞(日刊工業新聞社)優秀賞1987年 中部建築賞1993年、同2000年、同2004年

渡邊敦彦 WATANABE Atsuhiko
担当授業:表象文化論IV_映画