ゼミの活動|東京ミッドタウン・デザインハブ「ゼミ展2024 デザインの学び方を知る」トークイベント
2024年2月13日

東京ミッドタウン・デザインハブ「ゼミ展2024 デザインの学び方を知る」
トークイベント 昭和女子大学 三星安澄研究室 × 武蔵野美術大学 佐々木一晋ゼミ

東京ミッドタウン・デザインハブで開催中の「ゼミ展2024 デザインの学び方を知る」は、大学・専門学校の教育課程や研究室で取り組まれている課題の内容と、学生作品をご紹介する企画展です。

昭和女子大学 環境デザイン学科 三星安澄研究室からは、最も簡易で身近な量産可能な道具であるクッキー型をテーマにした課題「これもクッキー型である」を、武蔵野美術大学 芸術文化学科 佐々木一晋ゼミからは、西荻窪の町のさまざまな空間ににインスタレーション作品を展開する課題「地域指向型デザイン・アートワーク(まちを象ること、まちに種をまくこと)」を展示中です。

今回は、この2ゼミの担当教員である三星安澄先生、佐々木一晋先生の発案により、それぞれの課題のコンセプトや関心を持った部分を深掘りし対話するトークイベントを対面+オンラインで開催します。

プロダクトと地域文化という一見異なる対象をデザインしているようでいて、新しく作ることの意味、自己表現とデザインなど、課題を通して巡らす思考には共通点があるとのこと。
課題内容や作品を紹介しながら、相互のプロジェクトについて、ここでしか聞けない考察やディスカッションを行っていただきます。

会場で実際の作品を前にした解説も実施予定です。2/25のゼミ展終了前に、ぜひご来場ください!

トークイベントの概要

東京ミッドタウン・デザインハブ「ゼミ展2024 デザインの学び方を知る」トークイベント
昭和女子大学 三星安澄研究室 × 武蔵野美術大学 佐々木一晋ゼミ

https://www.designhub.jp/events/fd2cnuhst

日時:2月21日(水) 18:30-20:00  *終了予定
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ 内リエゾンセンター(東京ミッドタウン タワー棟5F)
   YoutubeLive(予約不要)
参加無料/会場定員 40名
チケットの申し込み

展覧会情報

東京ミッドタウン・デザインハブ第106回企画展
ゼミ展2024 デザインの学び方を知る

https://www.designhub.jp/exhibitions/seminars2024

会期:2024年1月10日(水)〜2月25日(日)11:00~19:00 会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学 TUB)

東京ミッドタウン・デザインハブでは、大学・専門学校の教育課程や研究室で取り組まれている課題の内容と、学生作品をご紹介する「ゼミ展」を2018年より開催しています。
今、デザインは社会をより良くするための手段としてさまざまな領域で求められ、全国の教育機関で工夫をこらした学びが行われています。どのようなデザインやデザイナーが必要とされているのか、学生たちがそれらにどう向き合っているのか、本展ではデザイン教育の一端を授業で取り組まれている課題と作品を通してご紹介します。
課題への着眼点に始まり、リサーチから提案まで、デザインを専門とする9校10ゼミ独自の発想と実践にぜひご注目ください。

Next
MUSABI 100武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー