新著の紹介|『筑波大学アート・コレクション 石井コレクション 美をめぐる饗宴』
2021年10月25日

五十殿利治監修、寺門臨太郎責任編集『筑波大学アートコレクション 石井コレクション 美をめぐる饗宴(シュンポシオン)』筑波大学出版会、2021年8月

本学科の専任教員である春原史寛准教授の論文「池田龍雄《むれ》(「禽獣記」シリーズ)と一九五〇年代の社会と美術をめぐって」が掲載された論文集『筑波大学アートコレクション 石井コレクション 美をめぐる饗宴』が刊行されました。

概要

出版社:筑波大学出版会
発売元:丸善株式会社
発行日:2021年8月27日
ページ数:全436ページ
ISBN:978-4-904074-62-6

出版社による刊行案内リーフレット
Amazonの書籍販売ページ

筑波大学アート・コレクションの核をなす「石井コレクション」。そのなかから選んだ作家・作品について、国内外の第一線の研究者が美術史、版画制作、保存修復の立場で論じたアンソロジー。収録作家は、藤田嗣治、国吉康雄、三岸好太郎、瑛九、桂ゆき、福島秀子、池田龍雄。

目次


石井コレクション―筑波大学アート・コレクションの中核
第1部 藤田嗣治(1886~1968)
第2部 国吉康雄(1889~1953)
第3部 三岸好太郎(1903~1934)
第4部 瑛九(1911~1960)
第5部 桂ゆき(1913~1991)
第6部 福島秀子(1927~1997)
第7部 池田龍雄(1928~2020)
資料
人名索引

武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー