国際野外アート展 トロールの森2022「まちを象ること」

作品名:まちを象ること
出展者:武蔵野美術大学芸術文化学科佐々木ゼミ

国際野外アート展 トロールの森2022
会期:2022年11月3日(木)-23日(水)
展示場所:都立善福寺公園、西荻窪 骨董通り
※一部作品(⑤、⑦)は設置店舗の営業時間のみ展示しています。


まちを象ること
西荻窪の骨董通りの場所や人々との出会いをもとに、日常の情景に見え隠れするさまざまな事象を拾い上げ、まちの中に数々の視点を象りました。古き良きモノを丁寧に引き継ぐこと、大切なモノに寄り添う豊かな時間、人とのつながりを生み出す場など、骨董通りに息づく日常を捉える機会を、みなさんと見つめ直してみたいと思います。

善福寺公園の上池の脇には、骨董通りに配置された作品を運搬した時に使用した自作のクレートを配置し、人々が集うことができる場をつくりました。さまざまな形のクレート(木枠梱包)に身を寄せ、骨董通りの情景に思いを馳せていただき、各々の時間を過ごしていただければ幸いです。ぜひ骨董通りと善福寺公園の両作品を併せてご覧ください。

メンバー:芸術文化学科 佐々木ゼミ3年/井田 愛子、井冨 有音、椛島 好未、小林 英二、小林 怜央、佐藤 尭之、鈴木 藍、中山 ひなた、保坂 天音、松岡 唯我、松田 ウェンディ 日向子、吉田 有希
冊子制作:小林英二、松岡唯我
担当教員・展示監修:芸術文化学科 専任教員 佐々木一晋


特別協力:
骨董玩具とりとり、Boîte ぼわっと、もりのこと、ほっぺるランド、BAHAR、Northwest-antiques、鍼灸ヒトハリ、グリーンハイツ、小鉢と日本酒 たとえば。、棗、駱駝

主催:
トロールの森実行委員会
後援:
東京都東部公園緑地事務所/杉並区/杉並区教育委員会
助成:
企業メセナ協議会 助成認定活動
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】
杉並区文化芸術活動助成事業

Next
武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー