オンライン模擬授業「私たちは映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』をどのように見たのか」アーカイブ動画公開
2021年10月8日

9/25(土)のオンラインオープンキャンパスで実施したオンライン模擬授業「私たちは映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』をどのように見たのか―ポップカルチャーが社会で担う芸術文化としての役割―」(担当:春原史寛准教授)のアーカイブ動画を公開しました。

2021年に完結した「エヴァンゲリオン」シリーズの最後の映画作品である『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に注目し、作品・作家研究とともに大切な、作品を社会がどう受け止めたのかという視点から、芸術文化であるポップカルチャーが私たちの日常をどう変えるのかを考えます。
(約50分)

この授業の配付資料「模擬授業資料集」のPDFは、こちらからダウンロードできます。

本授業はオンラインオープンキャンバスで実施した授業のアーカイブ動画です。Youtubeでの一般向け配信にあたり、著作権等の関係で映像の一部を不明瞭にしています。また、動画内のQRコードのリンクは無効です。あらかじめご了承下さい。


担当教員:春原史寛
実施協力学生:折原彩・加藤ひなの・山口衣織(芸術文化学科3年生)

芸文オンラインオープンキャンパス2021年9月 
実施日時:2021年9月25日(土)14:00~14:50
実施場所:zoom
武蔵野美術大学 旅するムサビプロジェクトカルチャーパワー